2017年4月9日イーグルス戦

試合前は小雨、試合中は大雨。
絶対中止と思われた試合でしたがフルイニングの試合になりました。

先発唐川は先頭打者の茂木にホームランを打たれ、その後も四球やタイムリーで初回2失点。
4回にも1失点しますが6回を投げて3失点。
被安打8四球5を3失点で納めるとはいいのだか悪いのだか・・・

唐川が早々にマウンドを降りたのでロングリリーフに立ったのは大嶺アニー。
2イニング目の2アウトから1失点はしてしまいます。
テンポもよく、速球も147km/hと速かったのですが、ストライクボールがはっきりしているのかボールを見極められ球数が多くなってしまいました。
そして、2アウトから、ペゲーロに四球、ウィーラー、アマダーのパワーヒッターに難しい球をヒットされてしまいました。

一方、マリーンズは大地のホームランで1点を返すのがやっと。
ジー様とダー様が打線のつながりを分断しているなか、大地が孤軍奮闘です。そして井上も調子を上げています。

ここは大地や井上を活かすような打順の組み換えや、下で好調な細谷を大阪に連れて行くなど少し動いてもいいかもしれませんね。

今日はマリーンズ投手がマウンドのぬかるみに足を取られていましたが、条件はイーグルスも一緒。
唐川、大嶺両投手には豪胆になってほしいです。

P4090101.jpg

今日の写真です。
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2017年今季初勝利

今日は、日曜出勤の代休ということでマリンの企画チケットを購入。
セイバーメトリックスに基づいた解説を聞きながら2階席で観戦です。

セイバーメトリックスに試合は予想は、荒れる展開。
まさにセイバーメトリックス通りの予想になります。

しかし一つ、統計の落とし穴がありした・・・
それは4回で2点差になったとき、リードしているチームの勝率が7割ちかくあるというデータ。

マリーンズが、この荒れた試合展開で逆張りの3割に乗っかり逆転勝ちで今季初勝利をおさめました。

講師の鳥越先生、話がとてもうまくて面白かったです。
寡黙なデータスタジアムとは金澤さんちょっと違ったタイプですね。
江戸川大学の客員教授ということで小林至さんと同じ、個人的に話をする時間がなかったのは残念ですが至さん経由でまたお話しできるかな?

さて、試合は鈴木大地の逆転ホームランで勝利。
その前の当たっていないジミーを歩かせたのがファイターズの敗因ですね。
また四球といえば満塁でさらりと押し出しを選んだ井口さん。
もう打ちに行く気はほとんどなかったですね。

華麗な逆転打を期待するのもありですが、確実にアウトにならずに1点を取るり次に回すというのはベテランならではの味ですね。

明日は佐々木千隼の初登板!!
大嶺に続く勝利投手になれるのか連勝投手となれるのか?

今日の写真です。P4050155.jpg

今日の写真です。

※おまけ(最も重要)
パリーグ6球団のうちセイバーメトリックスを導入していないのはマリーンズだけだそうです。
社会人、大学ですらデータを購入して解析しているのに・・・
スコアラーは戦術的絶対必要です、それを補佐・検証するためにもデータを活用してしかりだと思います。

そういう意味で石貫戦術コーチというポジションを用意したんでしょうね。
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

博多に行けない否、行かなかった私は・・・

4月1日は浦安の新球場でイースタンのこけら落とし試合。

朝から冷たい雨が降る中、6時前にシート貼りに行きましたよ。
気温9度ですよ、寒すぎですよ。

雨で中止もあり得る中、6時過ぎにはマリーンズスタッフのワゴン車が・・・
あの剃っても剃っても残る髭剃り跡は我らの中郷さんではありませんか!!

スタッフさんってこんなに早くから準備をするんですね。
選手の皆さんには、選手でいられることの喜び、支えられていることへの感謝、忘れないでほしいですね。

さて、試合は・・・
先発関谷さんが初回に脚をつるアクシデントで安江投手が緊急登板。
ブルペンで方も作っていない中、登板直後はストレートは抜けまくり、フォークもコントロールできませんでしたが回が進むにつれて、球をコントロールできるようになり、4回2/3を投げ2失点(自責点0)は立派です。
育成1位指名、BCリーグ16勝1敗防御率1.7台は伊達じゃないですね。
勿論、このまま選手登録できるとは限りませんが、ちょっと面白いかもしれません。
育成といえば菅原にもタイムリーが出ました。
今日は2人の育成選手の試合だったかもしれませんね。

P4010161.jpg

今日の写真です

公式スコア

あ、イースタン観戦結果も2連敗中だ・・・
福澤監督、やばいジンクスになっちゃったらごめんなさい
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2017年3月31日NPB一斉開幕

2017年3月31日NPB一斉開幕!!

イシケンは県内某居酒屋でPV観戦。
先発涌井と和田の熱い投手戦、盛り上がったね~~~

7回の角中、パラデスの連続ヒットのあと、大地が三振するも、ダフィーのライト前ヒットで角中がセカンドからの長駆ホームイン、タイミングはアウトだったけど、巧くすり抜けたね。
そのあと2死満塁になって代打の井口さん。
しかし、和田のクロスファイア―が井口さんのインコースに見事に決まって三振。
ここで点が取れていれば・・・そして今日のポイントはここかな?

その裏、涌井も100球を超えたあたりでホークスクリーンアップに打たれて1失点で同点。
8回も涌井が登板するも、ホークスの期待の若手上林のヒットと送りバントで1死2塁になったところで松永にスイッチ。
本多にタイムリーを打たれて同点、そして、柳田にも逆転のタイムリーを許してしまいました。
1塁が空いていただけに、もっと余裕をもって投げてもよかったと思うけど・・・柳田は長打もあるし2人でアウト一つ、よしんばダブルプレーとはいかなかったかな?
9回マリーンズは大地の2塁打で追いすがるもスコアは3-1で敗戦。

それでも、投手戦は見れたし、両外国人打者も良い打撃をしてくれた。
田村も肩でアウトをとってくれたし、ルーキー有吉もプロ初登板で、松永の残したランナーを還すことなく、内川をストレートで打ち取った。

初戦を落としたことは残念だけど、良い試合だったから良しとする!!

DSC_0543.jpg
県内某所とは「ありがとう 本八幡店」でした。

公式スコア
公式のスコア盗塁も載せてほしいよね。
またニッカンに戻すかもです
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

こっちのオーダーの方が好き!

今日は伊志嶺と大嶺弟のダブルしょ~~たがスタメン。
個人的にはこっちのオーダーの方が開幕のマリーンズにはいいのではないかと思っている。
清田の実績、技術を否定するものではないが、清田に絶対の安定があるものではないことも事実。
そうなれば今一番打っている選手を起用するのが良いと思う。
伊志嶺の肩についても今のコリジョンルールでは、早く正確な送球ができる選手はプロでも限られており、的確な中継プレーが出来ればいいと思っている。
中継までが山なり?中継に入る選手が動きなさい、若いんだからさ。
ダイレクトを狙ってる?う~~ん、それを言っちゃ~~~おしまいよ。
さて、本日も最前列で観戦。
ネットに邪魔されないで撮影できるって楽しいね。
ジャビッツの娘の鍛え上げられた腹筋やヘソピの後までばっちりだ!!
そして、フィールドシートに青松さんを発見。
やっぱりデカいのですぐわかっちゃった(笑)。
ちょっとだけ余計な心配をすると後ろの人、グラウンド見えたかな(笑)
試合は唐川君が6回を無失点でビシッと締める好投。
今年はまた中継ぎスタート(と思われる)の大嶺アニーも四球病もでず、1イニング被安打1でテンポよいピッチング。
抑えとして益田が投げた後、田中靖、松永でリレーをしてジャイアンツを完封。
打ってはジミーの3B、中村のHR、伊志嶺にもヒットが出て打ってほしい人に結果が付いてきました。
ダフィーの弱点がバレてきた感じはしますが、弱点が判ったのとそこに投げられるかは別問題。
スーパースター級の選手はいませんが、ジャブは世界を制するような地道な野球でリーグ戦を戦っていくことになりそうです。
おまけ・・・
試合前のウォームアップでジミーに声をかけたらボールを投げてくれました。
が、ネットの一番前の方にはボールは落ちず後ろの方へ・・・
跳ねて転がって、少年良かったねという結果になりましたとさ。

P3260394.jpg

鍛え上げた腹筋にヘソピ?の痕・・・ジャイアンツにはに合わないインモラルにズギューン!!

今日の写真
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)
前のページ 次のページ