涌井でも駄目かぁ・・・

一昨日の試合から選手の入れ替えがありました。
ジミー、佐々木もローテーションの関係で落ち、酒居、香月が上がってきました。
香月を上げるなら守備位置を開けるためダフィーを落とすべきと疑問はありますが、代打から香月を使うという意図でしょうか?

試合は涌井と西野先発。
涌井は球数が多い中、6回2/3を4失点、序盤から四球で無駄なランナーを塁に出してしまうピッチング。
先制点をもらってからもギアが上がらず投手陣の柱としての働きはできませんでした。

一方、西は3失点ながら8回まで登板。
打線の援護が期待できるとあって先発として最大限の働きをしました。(エラーで失点してなけれもっと余裕があったのでしょうね)

試合はいつものようにマリーンズ打線がつながりません・・・と言いたかったのですが、福浦様が2四球を選ぶと細谷、ダフィーがつなぐという線の攻撃ができました。
そして田村の2犠牲フライなど、しぶとく得点をすることができました。

それゆえに、同点となる若月のライト、タイムリースリーベースがなければなぁとはおもいます。涌井さん、もったいなかったですね。
(荻野がダイビングキャッチを試みるもグラブに当てて3塁打になってしまいました。でもチャレンジしないといけない場面なので仕方なし)

気になったのは、1点差を追う7回の先頭打者平沢に代打を送らなかったこと。
今日の2打席、平沢には安打がなく守備要員がいるのですから代打を使うべきだったと思います、そしてそのための香月だったのではとおもいます。

折角つながりを見せた打線と涌井の粘投ですが、作戦が後手後手に回った感じがします。

ですが、すこし光明が見えてきました、明日は取り返していかねばなりません。
唐川、腕を振るにはもっと胸を張って投げるんだよ!!
元マリーンズコーチ及び元捕手の見解より

P4220384.jpg

今日の写真です

スコアはこちら
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

今のマリーンズ、3年間1軍でスタメンを張り続けた選手が何人いる?

先発の唐川君、球が高めに浮きストライクを取れる球がなく初回に打者8人で2失点。
その後も毎回失点する散々な出来・・・
自身の1000イニング登板の記念とするにはあまりに苦い試合になってしまいました。
マリーンズはウルフの動く球(ムービングファーストボール※ツーシームとか変則シュートのようです)に対応できず、散発のヒット4本で無得点。
その後、小石を攻め三木のタイムリーで6-1としてなおも満塁のチャンスでバルデスの犠牲フライで1点を追加。
たたみかけたいところでしたが、井上がショートフライに倒れてこの回2点を返すのみ。
そのまま9回に入ると、辻監督のいやらしさがさく裂し、先頭打者が四球で出ると、バントで送ると見せかけバスター。
そこからは、一方的な攻めを見せて4得点。
死人に鞭を打つ、容赦のない攻めをされてしまいました。
辻監督、怖いですね。
一方、マリーンズでは大嶺が1失点も最高球速151km/hを記録。
源田への四球からの失点は痛かったですが、速球が戻ってきたのはうれしいことです。
そして、先日1軍登録されたチェン君が2イニングを4奪三振、被安打0で抑える好投

投手陣に希望が出てきましたね。
さて、今日のスタメン、一昨年から3年連続で一軍でレギュラーを張っていたのは何人いたでしょう。
打てないというよりは、安定して1軍レベルにある選手が大地、田村しかいないという事ではないでしょうか?
育てながら戦うには打線に核があるなかで7,8番に育てたい選手を入れるのが定石。
しかし、今のマリーンズではそれが出来ません。
早く、角中が戻ってきてくれることに期待しましょう。

P4160476.jpg

今日の写真です

試合情報
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

涌井さん、向かい風で揚力アップ!!

風が15m/sをこえる中で行われた試合。
試合も中止になり、京葉線が止まるのが最悪のパターン。
しかし、試合も京葉線も無事に運行できました。

試合は強風に揺るぎながらもマウンドでしっかり片足立ちをする両投手に、風が味方するようなマウンド側からの強い向かい風が全ての球の回転を大きく変化させました。
ヒーローインタビューで涌井も言いましたがストレートが凄く伸びたそうです。

一方で野手は大変。
内野フライは10m以上流され、外野も球が伸びたり失速したりで気が休まりません。
そして、ホームラン級のあたりも、フェンス前で失速。
マリーンズもライオンズもホームラン無しの試合になりました。

そんな中、得点に絡んだのは2安打の井上と2塁に井上を置いてタイムリーを放った細谷。
この細谷の1点を涌井、大谷、益田で守り抜き0-1xでマリーンズが勝利。
ライオンズ野上は打線の援護なく完投負けとなりました。

今日はジミーとダフィーが打線に戻ってきましたが、余り良好とは言えませんね。
我慢して彼らが適応するのを待つのか、修正するのか、ここはコーチの腕の見せ所です。

なお、ダフィーはマリンから帰る人の波に紛れてパパと一緒に自転車で帰宅。
すぐそばにいたからサインもらえばよかったなぁ・・・
さて、昨日と同じような展開で益田を投入するも今日は益田がセーブを挙げました。
流石に益田の連投はちょっと厳しそうです。

明日は唐川君がしっかり抑え、打線には圧倒的点差で試合を進めてほしいです。
が、やっぱり荒れる試合だろうなぁ・・・

P4150383.jpg

今日の写真です。

試合情報
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2017年4月9日イーグルス戦

試合前は小雨、試合中は大雨。
絶対中止と思われた試合でしたがフルイニングの試合になりました。

先発唐川は先頭打者の茂木にホームランを打たれ、その後も四球やタイムリーで初回2失点。
4回にも1失点しますが6回を投げて3失点。
被安打8四球5を3失点で納めるとはいいのだか悪いのだか・・・

唐川が早々にマウンドを降りたのでロングリリーフに立ったのは大嶺アニー。
2イニング目の2アウトから1失点はしてしまいます。
テンポもよく、速球も147km/hと速かったのですが、ストライクボールがはっきりしているのかボールを見極められ球数が多くなってしまいました。
そして、2アウトから、ペゲーロに四球、ウィーラー、アマダーのパワーヒッターに難しい球をヒットされてしまいました。

一方、マリーンズは大地のホームランで1点を返すのがやっと。
ジー様とダー様が打線のつながりを分断しているなか、大地が孤軍奮闘です。そして井上も調子を上げています。

ここは大地や井上を活かすような打順の組み換えや、下で好調な細谷を大阪に連れて行くなど少し動いてもいいかもしれませんね。

今日はマリーンズ投手がマウンドのぬかるみに足を取られていましたが、条件はイーグルスも一緒。
唐川、大嶺両投手には豪胆になってほしいです。

P4090101.jpg

今日の写真です。
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2017年今季初勝利

今日は、日曜出勤の代休ということでマリンの企画チケットを購入。
セイバーメトリックスに基づいた解説を聞きながら2階席で観戦です。

セイバーメトリックスに試合は予想は、荒れる展開。
まさにセイバーメトリックス通りの予想になります。

しかし一つ、統計の落とし穴がありした・・・
それは4回で2点差になったとき、リードしているチームの勝率が7割ちかくあるというデータ。

マリーンズが、この荒れた試合展開で逆張りの3割に乗っかり逆転勝ちで今季初勝利をおさめました。

講師の鳥越先生、話がとてもうまくて面白かったです。
寡黙なデータスタジアムとは金澤さんちょっと違ったタイプですね。
江戸川大学の客員教授ということで小林至さんと同じ、個人的に話をする時間がなかったのは残念ですが至さん経由でまたお話しできるかな?

さて、試合は鈴木大地の逆転ホームランで勝利。
その前の当たっていないジミーを歩かせたのがファイターズの敗因ですね。
また四球といえば満塁でさらりと押し出しを選んだ井口さん。
もう打ちに行く気はほとんどなかったですね。

華麗な逆転打を期待するのもありですが、確実にアウトにならずに1点を取るり次に回すというのはベテランならではの味ですね。

明日は佐々木千隼の初登板!!
大嶺に続く勝利投手になれるのか連勝投手となれるのか?

今日の写真です。P4050155.jpg

今日の写真です。

※おまけ(最も重要)
パリーグ6球団のうちセイバーメトリックスを導入していないのはマリーンズだけだそうです。
社会人、大学ですらデータを購入して解析しているのに・・・
スコアラーは戦術的絶対必要です、それを補佐・検証するためにもデータを活用してしかりだと思います。

そういう意味で石貫戦術コーチというポジションを用意したんでしょうね。
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)
前のページ 次のページ