2017年5月6日ホークス戦

今日のマリンは強い日差しと強い風。
投手には厳しい天候だったと思います。
さて、先発は摂津と二木。
二木は自慢のコントロールを発揮できずボール先行のピッチング。
5回を1失点ですが日本式QSにはちょっと届きません。
今年の二木は球速と引き換えにコントロールがアバウトになっているかもしれません。

ホークスの先発は摂津、今年も調子が上がらず苦労をしています。
それでも摂津は8回を4失点で投げ切ります。
ホークス打線の破壊力なら、摂津を援護できると考えたのでしょうね。

そのホークス、1番セカンドに川崎を入れてきました。

一方打線で負けているマリーンズはスタメンに猪本を入れて活性化を図ります。

試合ですが2回、井口の2塁打を清田がバントで送るとホークスが野選で無死3-1塁、猪本にヒーローになるチャンスが巡ってきましたが、あたりの悪い捕手ゴロ。しかしこれが1塁ランナーを進め、1死3-2塁とチャンスが続きます。
そして、クレバーな田村がセンター前、2点タイムリーヒットでマリーンズが先制します。

次にマリーンズが得点したのは4回裏。
先頭の猪本がレフトへ2塁打を放つと、田村のバントで猪本が3塁に進むと、中村四球のあと荻野がスクイズを決めて1点追加。
昨日2点で勝てませんでしたから、大きな3点目です。

一方ホークスは5回表ツーアウトから内川のソロホームランで1点を返します。
二木は100球近くになっていましたから限界でしたね。
それでもデスパイネをしっかり打ち取り、勝利投手の権利を得て降板しました。

2点差になったマリーンズですが、その裏、大地がソロホームランで4-1とし、また三点差。

今日はこの三点差を酒居、有吉、大谷、内の継投で逃げ切ることができました。
打つ方は前述のとおりで、投打ともに噛み合った良い試合でした。

これでホークス戦1勝ー6敗。
明日のホークス先発は寺原です。まだ今年先発3戦目で投げて見合いとわからない投手です。

一方の唐川君はここ2試合、吉田とのバッテリーで好投しています。

明日は投手の出来次第のところはありますが、何とか勝って借金を減らしてほしいです。P5067889.jpg
P5067896.jpg
始球式は児島さん

その他の写真です。
スポンサーサイト
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<2017年5月7日ホークス戦 | ホーム | 2017年5月5日ホークス戦>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ikcosmo.blog97.fc2.com/tb.php/1721-7ae711dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)