今のマリーンズ、3年間1軍でスタメンを張り続けた選手が何人いる?

先発の唐川君、球が高めに浮きストライクを取れる球がなく初回に打者8人で2失点。
その後も毎回失点する散々な出来・・・
自身の1000イニング登板の記念とするにはあまりに苦い試合になってしまいました。
マリーンズはウルフの動く球(ムービングファーストボール※ツーシームとか変則シュートのようです)に対応できず、散発のヒット4本で無得点。
その後、小石を攻め三木のタイムリーで6-1としてなおも満塁のチャンスでバルデスの犠牲フライで1点を追加。
たたみかけたいところでしたが、井上がショートフライに倒れてこの回2点を返すのみ。
そのまま9回に入ると、辻監督のいやらしさがさく裂し、先頭打者が四球で出ると、バントで送ると見せかけバスター。
そこからは、一方的な攻めを見せて4得点。
死人に鞭を打つ、容赦のない攻めをされてしまいました。
辻監督、怖いですね。
一方、マリーンズでは大嶺が1失点も最高球速151km/hを記録。
源田への四球からの失点は痛かったですが、速球が戻ってきたのはうれしいことです。
そして、先日1軍登録されたチェン君が2イニングを4奪三振、被安打0で抑える好投

投手陣に希望が出てきましたね。
さて、今日のスタメン、一昨年から3年連続で一軍でレギュラーを張っていたのは何人いたでしょう。
打てないというよりは、安定して1軍レベルにある選手が大地、田村しかいないという事ではないでしょうか?
育てながら戦うには打線に核があるなかで7,8番に育てたい選手を入れるのが定石。
しかし、今のマリーンズではそれが出来ません。
早く、角中が戻ってきてくれることに期待しましょう。

P4160476.jpg

今日の写真です

試合情報
スポンサーサイト
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<涌井でも駄目かぁ・・・ | ホーム | 涌井さん、向かい風で揚力アップ!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ikcosmo.blog97.fc2.com/tb.php/1711-5bee9488
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)