スタンリッジが・・・

オールスター明けで後半戦突入。

しかし実質60試合を切っており負けられない試合が多くなってきます。

ライオンズ先発はエース岸、そしてマリーンズ先発はスタンリッジ。

しかし、スタンリッジは2回投球練習中に腰を抑えて突然の降板。

この緊急事態に登板したのが大嶺。
ブルペンで投球練習をしていたわけではないから登板直後の1失点は仕方ないよね。
それでも開き直ってガンガン飛ばしていく大嶺のストレートの球速は140km/h~146km/hをマーク。
ストレートは打ち取る球にも使えてたし、ストレートがあるからフォークが打者の邪魔になるし。

大嶺は4回被安打4、与四球1、1失点。
緊急事態ということを除いても十分の結果。

スタンリッジの状況によっては先発返り咲きもあるかな?
その時は初回からガンガン行って欲しいですね。


さて、今日の試合、スタンリッジのドタバタもありましたが、打線が沈黙し得点は初回の1点のみ。
攻め手がありませんね。
スタメンの福浦も長打性のあたりを秋山に捕球されたりで無安打。

当分この状況が続くのかな?

試合は6-1。
オールスターをまたいで6連敗です。

明日の先発はポーリーノと二木
ポーリーノって意外とよかったよね、連敗阻止に打てない打線で大丈夫かな?

スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<さらばQVCマリンフィールド | ホーム | 2016年ル・マン 24時間耐久レース>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ikcosmo.blog97.fc2.com/tb.php/1680-9276e8d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)