2016年4月23日バファローズ戦

今日も抑え受難が続く・・・

先発は両チームのエース対決。
涌井も金子も一歩も引かない投球で自責点1で試合を進めます。

試合が動き出したのは8回裏。
マリーンズはセットアッパーとして登板した岸から先頭清田のセカンドゴロがエラーになり出塁すると、角中、ナバーロがヒットで続き2点勝ち越します。
(エラーで出塁した清田は盗塁し、2塁としますが、デスパイネのショートゴロで飛び出し狭殺プレーでアウトになるミスを犯しています、ランナー入れ替えですが、2塁が1塁になってしまい得点圏のランナーが死んでいます。こういうミスはよくないですね)
このまま勝てば勝利投手涌井、勝利打点ナバーロだったのですが、今日もストッパーが受難。

9回表に登板した西野が2点差を守り切れず3-3に。
ベンチでふさぎ込む西野でしたが、抑えは同点にされたぐらいでベンチでふさぎ込んではいけません。
歴代のストッパーがそうであったように負けた時でもすぐに切り替えないといけません。

試合は9回裏。
先頭の岡田がいきなりライトへの3塁打で出塁。
続く中村のところで何かを仕掛けるかと思ったのですが、バファローズ平野のワイルドピッチで岡田がホームを踏みサヨナラ勝ち。

3塁にランナーがいるってのは大きいですね。
そして、3塁にランナーがいながら低めを攻める平野、山崎のバッテリーもすごいです。
惜しむらくはワイルドピッチを止められなかったこと。あれは何としても止めなくてはいけません。
また、平野はふさぎ込むことなく淡々とベンチに引き上げていきました。

さて、今日気になったのは審判の誤審。
セカンドフォースアウトのジャッジ、で中村が塁に到達した後、ボールがグラブに収まる完全にセーフとなるプレーでしたが、なんだかわかりませんがアウトとコールされてしまいました。

私は基本、審判の誤審も含めて野球と考えていますが、審判にはそう思わせるだけの実績や実力がないと困りますね。

また、細谷は相手の徹底マーク(弱点攻め)にあいノーヒット。
メカニクスについては一定の成果が上がっています、次は配球を読む、打つ球を絞るという対投手との闘いが待っています。
これを乗り越えないと1軍定着はありません。頑張れ細谷!!

まぁ、今日はドタバタがありましたが、とりあえずサヨナラ勝ちなので良しとしましょうかねぇ。

P4231059.jpg

今日のスコアです。

今日の写真です。
スポンサーサイト
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<2016年4月24日バファローズ戦(山本元監督追悼) | ホーム | 2016年4月19日イースタン ライオンズ戦>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ikcosmo.blog97.fc2.com/tb.php/1662-ecb3cc4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)