2017年6月19日パールボウル

とりあえず・・・

ゆうしょうだ~~~~!!
すげー接戦だったけど
ビックブルーに勝利したぞ。

今日の試合、若手水野のMVPの活躍が大きかった。

しかし個人的には第4Q、4thDwonギャンブルでWR池井がショートパス&ランで1stdownを奪ったプレーに注目している。
このプレーでシーガルズは時間と空間を手にすることができた。
実質このプレーで試合は終わったに近いね。

時間と空間をコントロールするのがフットボールといったが、そういう意味ではシーガルズにまだ甘さ、中途半端はスポーツマンシップが残っているかもしれない。

第2Q終了まじかの18秒。
シーガルズはプレーを行っている。
ホイッスルから25秒でプレーをしないといけないのだから、あえてプレーを続けターンオーバーや選手の負傷などのリスクを負う必要はなかったと思う。
同様に第4Qも時間を使って終わらせることができる中プレーを行う選択をしていた。

結果タイムアウトを2つも残しての試合終了。
プレイクロック25秒の中でタイムアウトを取って相手に徹底的にチャンスを渡さない作戦を立ててもよかったと思う。
やられる方はたまったもんじゃないし、観客の中にもプレーがあってのスポーツ観戦と思う人がいるかもしれない。

けど、勝利するなら、全力のベンチワークも最高のプレーだと思う。意図はわからないが、隙をつかれないように必死に勝ちに行って欲しい。
※キックリターンタッチダウンを決められたのもちょっとした隙があったのかもしれないね。

では次は9月5日の秋の開幕d!!

P6190286.jpg

その他の写真
スポンサーサイト
  1. フットボール
  2. TB(0)
  3. CM(0)
次のページ