春日の呪い発動せず

もうね、猛暑と敗戦の脱力感でげんなりだよ。
折角のライバル対決、どうして水を差しちゃうジャッジも起きちゃうかな?

マリーンズは4回に井口が失策で出塁すると、福浦、ハフマンで満塁としクルーズの下位打線の得点ホットラインで先制、根元の犠打、川本のスクイズと波状攻撃で3得点。ライオンズに先制しました。
涌井も3点リードでのびのび投げてくれればよかったのですが、その裏に1失点、5回は中村にソロホームランを打たれリードは1点。
まぁ、ここまでならまだよいのですが、結局6回の逆転がもったいなかった。
早めの継投をしたいが中継ぎも揃っていないから、涌井に頑張ってほしかったのだが・・・
そして止めを刺すのが伊東監督の退場。
主審の原さんはどうもストライクゾーンが個性的なようだし、退場劇の原因となったジャッジも適切だったとは思えない。
そして、選手へ警告・・・試合に水を差された感が否めない。

さて、試合は6回の逆転劇で決まってしまったが、選手個々はいいプレーを見せてくれた。
特にハフマンは器用で優れた守備力能力がある選手ではないのだが、
今日も全力プレーでマリーンズの危機を救ってくれた。
加藤のフライ処理も然り、そして川本のセフティーバントの成功。
川本はしっかりバントの練習をしたのだろう。

今日の結果M3ーL5●
春日野呪いでライオンズが負けると思たのだが・・・
スポンサーサイト
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)
次のページ