スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

3戦終了

3月の公式戦は開幕カード3試合。
2戦連続延長12回サヨナラ勝ちと劇的な試合を制したマリーンズ。
今日も勝って開幕3連勝といきたいところでしたが・・・

先発はゴンザレス、オープン戦2試合では1勝1敗、しかも物凄く良いか悪いかの2パターンです。
そして今日は悪いパターンのゴンザレスが顔を出しました。
ゴンザレスは初回から制球難、ボール先行でカウントを取りに行ったストライクを痛打され、慎重になると四球、また打たれるという悪循環。
5回を投げて4失点、よくこれで済んだという内容でした。
今日は寒さが厳しく体が動かなかった可能性も高くもう一度先発のチャンスはあると思いますが、そこでは一定の結果を求められますね。

ゴンザレスの後を継いだのは吉見でした。
こちは6回から9回の4イニングスを1失点、敗戦処理として長いイニングを任されましたが、今年は経験豊富なベテランとして便利屋的働きを求められるのでしょう。
中継ぎ酷使を防ぐ意味でも投手陣を支えて欲しい存在ですね。

打線はバファローズ先発のディクソン(日本球界初登板)から清田ソロホームランの1本だけ。
マエストリに続く外国人投手受難が予想されますね。
そして、マリーンズを自由契約となった松本幸大が今日も登板。
1回、伊志嶺、根元、角中とマリーンズの五月蝿どころをを三者凡退としマウンドを降りました。
四球病を発症することないこの内容です、西本コーチも呼び寄せた甲斐がありましたね。

試合はマリーンズが見せ場を作ることなく5-1で敗戦、試合時間も3時間を切る早いものになりました。
それでは今日の結果です。

さて、三試合を振り返ると守りのミスが目立ちました。
根元と角中の連携は非常に不安定で、角中が処理すべき打球を根元が捕りにいきヒットにしたり、
根元がムリな送球をしてランナーをすすめる結果となるなど、少し守りに綻びが見えています。
それに加えて今江の守備力の低下も否めません、今日も逆シングルで捕りに行った打球を後逸し失点のきっかけにしてしまいました。
マリーンズが上位に食い込むためには守備力の強化が求められると思います。

また、この3連戦、ホーム開幕と土日でありながら天候に恵まれず観客も少なく土日で二万人を切ってしまいました。
ご参考:一戦目観衆22721人、二戦目観衆19851人、三戦目観衆13704人

球場の外での努力はもちろんですが、グランドの努力もお願いしたいですね。

そうそう、FOXスポーツに移ったマリーンズ中継、西村元監督の解説ということで注目しましたが、見事に録画に失敗。
あれ?チャンネル間違えたかな?慣れるまで注意しないといけません。

今日の写真です

最後の写真ですが、堀様は選手と一緒に並んでしました。
コーチの立ち位置に困惑しているようです。
スポンサーサイト
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。