ドラフト会議

マリーンズの今年のドラフト1位指名は斉藤祐樹。
スワローズ、ホークス、ファイターズと競合し、残念ながら交渉権はファイターズに・・・

ファイターズは前年埼玉のダルビッシュなんてのも取っていたがクジ運がいいのかな?

マリーンズは東海大の伊志嶺を指名、こちらバファローズと競合するも、マリーンズが交渉権を獲得した。

伊志嶺は中距離ヒッターであり脚のある外野手ということらしい。
東海大学ではキャプテンだったということなので先輩の大松に守備力を付けた右打者ということなのか?
イメージとしてはサブローなのだろうし、球団としてもサブローの後釜が欲しいところのようだ。
故障がちのところや好不調がハッキリしたプレーは似ないで欲しい。

これでまた外野手が増えたことになる。
脚の荻野、清田と肩と長打の南、ひたすら夢を見てしまう竹原と外野戦争がまたまた激化してしまった。
左打者だからといって岡田や角中もうかうかしていられない。
早坂も故障を抱えてしまい不安な気持ちで仕方ないかもしれませんが、しっかり治すことが先決です。

マリーンズの2010年ドラフトは昨年の少数精鋭から今年は9人の指名です。
契約交渉で入団しない者も出るかもしれませんが、是非入って欲しいです。
同時に、竹原、渡辺あたりは球団からの電話の恐怖で眠れないかもしれません。
竹原はビックチャンスだったのになぁ~~~~

さて、今年話題の大石は6球団競合の末ライオンズ、CSで残念な結果になった渡辺監督は昨年の菊池に続いて大金星。
速球投手の沢村は巨人の単独氏名。
ドラフト直前まで話題に上がっていた、成田高校の中川(成瀬II世)はドラフトの指名なし。

TBSがプロ野球選手の人生のキビをもとにお涙頂戴の番組を作ることはいつものことだが、まさかドラフトを生中継するとは思わなかった。
日本シリーズはお涙頂戴できないから放送しないのか?

そういえば、住販への売却交渉が不調に終わったベイスターズ。
住販側は今期は時間切れとするも再来期に向けて引き続き交渉を行うようです。
首脳陣人事の白紙や球団の移転を持ち出しことは刺激が強すぎたかな?

そして、またまた登場の1リーグ構想。
ベイスターズの売却の不調は、売却を潰して球団合併に持ち込み1リーグ化へのシナリオなのだとか
まぁ、新聞の見出しだけだと思います。
スポンサーサイト
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)
次のページ