2017年5月2日ファイターズ戦

\(>_<)/
折角のGW札幌遠征だったのに11-0の大差負け。
西野がまさかあんなに逃げ腰になっちやとは。

打線を活性化するために内外野のスタメンを入替え。
レフト加藤、ライト細谷、ファースト香月№1
面白いメンバーだけど、やっぱり角中あっての打線だね。

試合はマリーンズが高梨を全く打てず。
ファイターズは西野を簡単に打つ。

こりゃ参った…だ。

今日の収穫は、アップルティーソーダが美味しいと言うことかな?

P5025412.jpg
P5025488.jpg


ほかの写真だよ~~~

スポンサーサイト
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

ウルフの術中にハマってます。

全開の対戦同様ウルフのムービングファーストボールにてこずって凡打の山です。

ウルフからの初安打は3回の大嶺翔太のセーフティーバント。
そかしマリーンズがウルフを捕らえようと、吉田にバントの指示が出すも、2回バントがファールになりヒッティングでゲッツー。
次のヒットは7回2アウトで清田の代打で登場した加藤。
でも2アウトからですのでした、チャンスでランナーが出てくれません。

念願の得点は9回表。
代打細谷が抑えの増田から打ったソロホームランのみ。
次の伊志嶺も粘って粘って良い当たりがあったりはしたが続かなかった。

唐川は3回に2アウトかr秋山のホームランや連打を浴びて2失点。

それ以外はテンポのいい投球で被安打は多くも要所を締めるピッチング。
3回の2失点のみですのでQSです。

結局3安打じゃぁどうにもなりません、今日は打てなかったの明確な問題。

写真にもあるように個々の雰囲気は悪くないんですがねぇ・・・
そんなわけで、試合は2時間10分、3時10分に終わってしまいました。

帰りはレオライナーに間に合うどころか、1時間の余裕ができてしまいました。
ということで、マリン仲間と残念会。

そんなことをしてたら、人身事故で電車が動かず・・・家に着いたのは19時過ぎ。
なんだかなぁ・・・・

P4307217.jpg

今日の写真です。

今日のスコア
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

二木君、完投目前で崩れる。これが投手というものだね。

マリーンズは初回、伊志嶺、荻野の連打のあと清田がおくり、ワンアウト三塁二塁。

初回から清田の送りバントはもったいない気もしたが、チャンスで大地に回し先制するとういう作戦だろう。

期待の大地が四球で塁を埋めると福浦さんが走者一掃のタイムリーツーベース。

マリーンズがいい攻めをした。

初めに援護をもらった、先発の二木は初回こそコントロールに苦しむも、2回以降は安定の投球。

7回まで無失点、球数も100球未満、完封のめもあった。

しかし、4点差でむかえた8回に四球で出したランナーが三塁に達したとき、ベンチは内へとスイッチ。

完封や完投、100球という部分が二木のピッチングを狂わせたかな?


さえ、ランナーがいる場面、昨日メヒアには外のスライダーだけで、三振をとったため、今日は一転ストレート勝負。

しかし、ツーストライクに追い込んだあとMAX150のストレートをメヒアにセンター前ヒットにされて3失点。

最後のストレートは読まれていたのかあまくはいったか?

結果、余裕の点差がセーブが付く点差にまで追い上げられた。

モメンタムはライオンズに傾いていたが、それを引き戻したのが、三木のツーランホームラン。
2年前のキャンプで、背番号3と9が柔軟をしながら三木を大引位になれそうだと評していたのを思い出した。

守備の人と言うレッテルを貼られてしまっているが、それを覆すには今がチャンスだ。

スコアは6-3でマリーンズの勝利。
打球が強くなってきたします。

今日、田村はメヒアに打たれたり、二木とのバッテリーミスもありました。
明日の先発唐川くんをリードするのは先週のバッテリーである吉田君かもしれませんね。

おまけ、ミラーレスカメラ壊れたので、途中までした写真はありません。
エムスプのあんじゅさんを撮れなかったのはとても残念です。

そこなの??

P4290272.jpg 

 
今日の写真


試合結果


  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

フィールドシートの迫力を満喫

先発の西野は序盤からヒットや四球を与えてしまいも5回を3失点。
10日の準備期間がある事を考えればとても物足りない。
その後、藤岡、7回8回をルーキー酒居が登板。
藤岡もテンポよく、打線の援護を期待するピッチング。
また、酒居も速球を軸にテンポのよい投球でした。

投手の作ったリズムでいよいよ反撃といった8回でしたが、
嶋にホームランを打たれ引き離される結果となり逆転には至りませんでした。

プロ初先発の酒居の1球目はストライクゾーンへ145km/hのストレート。
結果も2回を投げてホームランで1失点なら、幸先良いスタートといっていいでしょう。
少し注文を付ければ、球が高かったかな?
フォークも変化が少なくすくい上げられていました。
しっかり三振がとれる球に昇華してほしいです。

打線はダフィーを4番に置きましたが、
まぁ、ダフィーさんの苦悩は続く結果でした。

最後にマリーンズ打線は松井祐樹3者3球三振の屈辱。
敵ながらあっ晴れ見事なピッチングでした!!

P4250738.jpg

今日の写真

今日のスコア
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

唐川好投!!2時間半の試合は見ていて楽でいい

きょうはマリンフェスタ、あまり勝率が良くないイベントですが、今日は唐川が快投!!

8回を103球、被安打4、四球4の無失点投球。
ストレートもMAX148km/hと前回とは別人のようです。
元コーチや元捕手いわくの体が突っ込み腕をふることができない(腕を懐の空間)をどう稼ぐか、回答を得られたのでしょう。か?

一方打線では伏兵が大活躍、ダフィーが2塁打を打てば、2015年以来ヒットのなかった吉田が、バントに失敗した後にヒットで続き、大嶺翔太のゲッツーの間にダフィーがホームを踏んで先制。

2点目も細谷の3ベースヒットの香月のゲッツー崩れで細谷がホームを踏んで2点目。
勝利打点無しですが、2点も取るという珍しい得点をしました。

今日は打者に勝利打点等のタイムリーがないため、お立ち台は唐川と吉田のバッテリー。

吉田はバントミスの後のヒットなので、帳尻合わせですが、初回、荻野が塁に出てはバント、走塁慣れしていないダフィーを塁に置いて、打撃の期待できる吉田にバント。

伊東監督の気持ちもわかりますが、荻野派は知らせたり、吉田は打たせたりしようよ。

そして、今日は7回1アウトランナー3-1塁で代打に立った香月の内野ゴロ。
あの場面バットに当てるだけども立派なのですが、得点に絡むゴロを打ちました。

平沢と共に期待をされている高卒選手です。
現状、勝ちながら育てる余裕はありませんので、勝手に育ってください。

ダフィーが調子を上げてきており、ポジションは奪うしかありませんが香月にはそれが出来ると思います。

練習一番声を出してる香月一、香月No.1がサードに入る日が待ち遠しいです。

そして細谷、今日もヒットでじわじわ存在感を示しています。
3年間、1軍で使われてこそレギュラーです、これが2年目、最後のチャンスです。
このチャンスをつかんでほしいです。

マリンフェスタ、2階に空席が目立ちました。
ユニを貰うだけのチケットにされてしまったのでしょうか?
唐川が好投する可能性もあるので、ちゃんと試合を見ましょうね。

P4231086.jpg

今日の写真です

スコアはこちら
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)
次のページ