春日の呪い発動せず

もうね、猛暑と敗戦の脱力感でげんなりだよ。
折角のライバル対決、どうして水を差しちゃうジャッジも起きちゃうかな?

マリーンズは4回に井口が失策で出塁すると、福浦、ハフマンで満塁としクルーズの下位打線の得点ホットラインで先制、根元の犠打、川本のスクイズと波状攻撃で3得点。ライオンズに先制しました。
涌井も3点リードでのびのび投げてくれればよかったのですが、その裏に1失点、5回は中村にソロホームランを打たれリードは1点。
まぁ、ここまでならまだよいのですが、結局6回の逆転がもったいなかった。
早めの継投をしたいが中継ぎも揃っていないから、涌井に頑張ってほしかったのだが・・・
そして止めを刺すのが伊東監督の退場。
主審の原さんはどうもストライクゾーンが個性的なようだし、退場劇の原因となったジャッジも適切だったとは思えない。
そして、選手へ警告・・・試合に水を差された感が否めない。

さて、試合は6回の逆転劇で決まってしまったが、選手個々はいいプレーを見せてくれた。
特にハフマンは器用で優れた守備力能力がある選手ではないのだが、
今日も全力プレーでマリーンズの危機を救ってくれた。
加藤のフライ処理も然り、そして川本のセフティーバントの成功。
川本はしっかりバントの練習をしたのだろう。

今日の結果M3ーL5●
春日野呪いでライオンズが負けると思たのだが・・・
FC2 Management
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

新旧18番共演

ライバルシリーズ第1戦
元マリーンズの18番清水直行がトークショウや鈴木健との1打席対決のイベントで試合前の球場を盛り上げた。

試合は3回、マリーンズ今江のソロで先制、その後2点を追加し3得点。
しかしその裏、藤岡がメヒアの2ランHRでリードは1点とされてしまった。

それでもマリーンズはこの1点を藤岡(6回2失点)、益田、大谷、西野で守りきり、ライバルシリーズ初戦を勝利することができた。
試合後のヒーローインタビューは新背番号18の藤岡。
サウナ風呂と化した西武ドームで力強いピッチングを見せてくれたと思う。

ところでライオンズは昨日入団が決まった小林宏之をさっそく一軍登録、即座に登板機会が与えられた。
小林は6回の1イニングを被安打0、四球2。
マックス146km/hの直球は十分威力があり、決め球のフォークも健在。遠回りをしたかいがあり、NPB復活をアピール出来た。
後は先発になるのかが気になるところ・・・

試合はM3-L2○

それにしても西武ドームは蒸し暑い。

今日の写真です。
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

古谷(ファン(俺)を唸らす)ナイスピッチング

古谷の投げる試合は見ていて面白いし非常に参考になる。
今日は3割打者を多く並べるホークスが相手なのでヒットは良しとし(打たれない方がいいけど)、長打は打たれないように低めに投げる投球。

たとえ失点しても(勿論しない方が良い)、6回3失点なら打線が挽回してくれると信じたチームプレーに基づいたピッチング。

古谷は6回3失点、被安打9ながらも四死球2、打たれたヒットに2塁打以上が1つもない。
古谷は気温30度の中で集中力を切らさず辛抱強く投げ続けていましたね、お疲れ様です。

そんな古谷を川本、ハフマン、クルーズがホームラン攻勢で援護。
(後でコメントする川本のバスターも含めると4長打で4得点)

ホークスは単打を多く打ったがホームを踏むことはできず、少ないヒットながら長打力で勝ったマリーンズが勝利した。
今日はOPSという指標が試合の結果に表れたということかな。

ところで、今日も昨日と同じようにバントで明暗が分かれるシーンがあった。
マリーンズは2点ビハインドの場面、無死2-1塁で、ベンチは川本にバント命じたが上手くいかず2ストライクを追い込まれ、バスターに切り替えるとこれがタイムリー。
ヒッティングが成功した。(結果オーライだけどね)

一方ホークスは最終回に1死1塁からバントでランナーを進め2死2塁で内川のバットにかけたがこちらは外野フライでゲームセット。
バントは成功したが、その後が続かなかったね。
(内川の得点圏打率.328、対マリーンズに限っては5割という実績にかけたのだろうが、投手西野という要因がデータを上回った)

作戦と遂行、そして結果。
勝負事はなかなかうまくいきませんね。

さて、今日勝ったので今節1勝1敗、明日の先発唐川にはぜひ勝ってほしい。
川本とのバッテリーで東京ドーム鷹の祭典の再現を期待するなり。

今日の結果(M4-H3○

追記:お世辞でもなんでもなく。今日の古谷を支えたのは川本。
途中、サインが合わず首を振る古谷、投手の一人相撲にならないよう良くリードしました。
そして、イニングの間に古谷に問題点を解決しようと声をかける川本。
ホームランとタイムリーでバットでの活躍もありますが、捕手川本がもっと評価されてもいいと思いました。
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

譲られたリードを守れず惜敗

今日の試合、ポイントは1点ビハインドの8回表の攻撃。
先頭打者の福浦、続くハフマンも連打で無死2-1塁。
大松の打順でランナーを進めるべく代打岡田にバントの指示をするも、岡田は送れず、続く代打根元はエンドランのサインで三振、ランナーも3塁でアウトと最悪の結果。
元々ホークスのエラーでリードしたこともあったが、再逆転でき勝利すればよかったのだが・・・

岡田のバントについては成功率が高いとは言えず、さらに難しい場面ではあったが、ここは決めてほしかった。

石川ー田村のバッテリーについては、6回のドタバタがあったがおおむね良好、次回に期待といったところかな?

今日の結果(M3-H4●

最後に、ヤフオクドームのビジター席。Tシャツ型で配置されてるんだね。
面白いけど・・・
もっと席を増やしてくれよ~~~~

IMG_2336.jpg
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

古谷背水の陣で見事な勝利

ピッチャーは球速がなくてもコントロールと打者が見にくいフォームがあれば打者を抑えることができるそんな見本の投球を古谷が見せてくれました。
付け加えるならばストライクなんて取りに行かなくてもいいんです。
粘り強く、打者の嫌がるところで勝負すればいいのです。
古谷は126球中59球がストライク、5割に届かないところが古谷の投球術なのでしょうね。
126球被安打4 自責点0、勝負をかけた投球、お見事でした。

そんな古谷の好投を援護した打線。
3回には帆足を完ぺきにとらえ打者一巡、今江さん、福浦さんは1イニング2安打と珍しい打席になりました。
ただし、川本は1イニング2サードゴロですけどね。

試合はM13-H0の完封勝利。
対ホークス戦も4勝8敗2引き分けで少し差を詰めましたし、久しぶりのカード勝ち越しで後半に挑めます。

お立ち台は古谷、今江、福浦。
なかなかいい光景です。

今日の写真です。
>>古谷背水の陣で見事な勝利の続きを読む
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)
次のページ