里崎引退試合

里崎の引退試合は30,000人を超える観衆の中で行われた。

この試合里崎の引退を勝利で飾りたいが、バファローズは優勝が懸かっているし、また涌井もホーム初勝利がかかっている。
バファローズに勝たせてやりたいが、そこは勝負事、そして帳尻のマリーンズ。
やっぱりサクッと勝ってしまいました。

試合結果は(M4-B2○

里崎は1番DHとしてスタメン出場。
打席は2打席立ったが、期待のホームランは打てず2三振。
捕手初の全打順ホームランは次の世代の夢となった。

お立ち台は角中とマリン初勝利の涌井。
来年は涌井にもっと頑張ってもらわないといけませんね。
引退する里崎からチームを任せるといわれた成瀬、ここ数年停滞していますが2015年は里崎命名のゴールデンイヤーです。
左右のエースとして頑張ってほしいです。


そして、試合後は里崎の引退セレモニー

里崎は試合後、スタジアムで最後の挨拶で自身のプロ野球選手とマリーンズ選手に別れを告げ、グランド一周でファンに別れを告げた。
マリン名物の紙ふぶきはライトスタンドから廻ったため少しあまり気味だったが盛大に舞い広がった。
やっぱりマリンは素晴らしい。
里崎はグランドを1週しバックスクリーンに向けてこうべを垂れ、長年守り続けたホームベースを手で拭うとダッグアウトに消えていった。
そしてバックスクリーンに映し出される「緊急告知」の文字。
正面ステージで里崎オンステージが開幕する。
いいぞ里崎、そしてありがとう里崎。

里崎は記憶にも記録にも残るマリーンズの正捕手だった。

今日の写真です。
FC2 Management
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

初・横須賀スタジアム

BABYマリーンズのイースタンリーグ最終戦、奇しくも2位ベイスターズも今日が最終戦となった。

宮崎で日本選手権を戦うマリーンズは一軍登録のファーム主力も試合勘が鈍らないようにはスタメンで起用。

GG、神戸、塀内の人気の3人も健在。
そして、荻野忠もみれたしハフマンゾク。

一方ベイスターズは退団の決まった中村紀洋、去就が心配な金城、多村がスタメン。
感慨深い試合となりました。

今日の写真です。
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

今年最後のデーゲーム

今年最後のデーゲームは晴天。
日焼けするほどの好転。
野球は野外がいいですね。

試合は石川が好投、途中、代打稲葉の登場から益田が打たれたりで、石川の価値が消えるところでしたが、何とか切り抜けるとその後打線の援護があり、余裕の勝利となりました。

見どころ攻めどころといえば伊東監督が少し選手を動かし始めたこと。
今更機動力始めましたってのもどうかと思いますがね。

今日の結果(M8-F4○

今日の写真です。

試合の後は里崎引退イベントの仕込みと花火大会。

そして、二次会へと続くのであった。
また体重が増えますなぁ・・・
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

バファローズ戦、負け越し決定

今日バファローズに負けたので、今シーズンの負け越しが決定。
今日を含む現時点で10勝13敗残り1試合

この3連戦、バファローズファンが沢山来てくれました。
ありがとうございます。
バファローズの応援よかったですね。人が多いと迫力があります。

さて、先発の涌井さん、7回までは良かったのだが8回に捕まった。
7回までだったら2失点でOKだったのに同点打から変えられないよね。

そして、中継ぎ登板したのは藤岡。
今年は中継ぎで終わるのかな?

今日も涌井さんは勝てず、今年マリンで勝てるかな?

今日の結果です。(M2-L7●

今日の写真
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

牛さんごめんね

なんとバファローズに2連勝、今日はサヨナラ勝ち!!

牛さんごめんなさい、とは言いつつ、昨年終盤CS2位争いで絡まれたよなぁとも。
これで手打ちとしておきましょう。

先発唐川は悪いなりにもそれなりの投球。
だが今日はバファローズ平野を打ち崩せたのがすべて。

温存していた代打も活躍したしね。

9回1点ビハインド、1点を取りに行くため伊志嶺をバント代打で起用した。
が!無死1塁でランナー角中なら、送るのではなく福浦、サブロー、今江の代打攻勢もありだったと思う。

まぁ、結果平野の四球自滅と今江さんの同点タイムリー、岡田のサヨナラ2塁打で勝つからいいんですけどね。

今日の結果(M4x-B3○

最後は今日の写真
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)
次のページ