イデウンが貯金3

強風の中で行われた試合、風がマリーンズに味方してくれました。
試合結果としては9-0で完封勝利ですが、風がなかったらホームランとか野手の頭を超える打球もあったと思われ、快勝とはいかなかったかもしれません。

また先発摂津も強風のため精密な変化球のコントロールができず4四球。
デウンも風に翻弄されていましたが、そもそものコントロールがアバウトなので全く影響はなかったように思います。

今日の打順は1番荻野、2番大地の開幕オーダー。
しかし、開幕と違うところはデスパイネの来邦とともに井口が7番に入ったこと。
よく強力打線をダブルクリーンアップなんてたとえますが、マリーンズもそれができる勢いですね。

試合は今日もオギタカの2塁打で始まります。
無死2塁で大地の場面、ここは送りバントで3塁まで進め、今江のタイムリーで1点先制します。
2回はダブルクリーンアップのクルーズ四球、井口ヒットでクルーズを3塁に置くと田村のセカンドゴロの間に井口がホームに帰り追加点を上げます。
その後は両投手とも風で翻弄されながらも打者を抑え0行進が続きます。

試合が動いたのは6回2アウトから。
井口がヒットで出塁すると田村が遊エラー、岡田もヒットで2死満塁としたところで荻野がセンターへの3点タイムリーで試合を決定づけました。
荻野は得点こそ11でリーグ3位タイですが、打点は今日が初めて。
今の打線だと下位でもチャンスが作れますから、クラッチヒッターとして勝利に貢献してほしいですね。

さて、先発のイデウンは大量点差に守られ7回被安打8、死球2、116球の好投、崩れそうで崩れない、球威があってパワーピッチができるってこんなにいいもんなんですね。
デウンのあとはチームが誇る安定のイニングイーター「大谷」と「金森」この二人が1回ずつを無失点で抑えゲームセットとなりました。

ホークス、しかも摂津相手に9-0完封勝ちをしてしまいましたね。

今日の結果9-0○

ここからは余談すが、テレビ解説では金森がコバマサにスライダーを教わっていたとありました。
西武ドームでサブローにスライダーの投げ方談義をしていたのはスライダーの情報収集だったんですね。

そして、クルーズと角中の打席で審判と選手の間でストライクゾーンに差違が出ていましたね。
ぶっちゃけ、角中のインコースはボールだと思うんですがねぇ。

今日の写真です。

P4189276.jpg

P4117889.jpg
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

おのれいまみやーーーー!!

涌井は3失点とはいえゲームを作ったんだけどね。

マリーンズの攻撃も初回、二回と良かったのに、尻上に調子を上げる中田の前に追加点をとれなかったね。

再三チャンスはあったけど活かせなかったなぁ・・・

ラストチャンスは最終回。
ホークス抑えのサファテから、井口ヒット、田村も四安打目で続き、無死二一塁としたところで大地でしたがフルカウントからサード邪フライを打ち上げワンアウト。

岡田もショート深いところに上手く流すも今宮がギリギリで捕球しサードに投げてフォースプレーで二死。
福浦が歩き2死満塁で角中に期待を寄せるもセカンドゴロで試合終了となりました。

ポイントはいろいろあります。
大地が四球選べれば(まっすぐをストライクゾーンに投げられたから打つしかないけど)、
代走翔太がサードでアウトにならなければ。

益田が9回オモテに失点しなければ。
(イニング跨ぎだし、益田もあまり良くなかったし・・・となるとその前の松永かな?)
もっと前に戻ってデスパイネの守備がもっとよければ・・・。
デスパイネさんはお若いから守備に付きたいでしょうがマリンの外野を守るには守備力に欠けてますね。

それに付けても今宮の守備が光ってました。
今日は勿体ないが今宮の日ってことで仕方なし。

今日の結果4-2●

P4174208.jpg

  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

木村ダメだったか~~~

木村は5回3~4失点は仕方ないと思っていましたが3回6失点(自責5)はちょっとね。
勿論、いろいろミスがありましたが、どちらにせよ踏ん張れませんでしたね。

それに対して吉川がとても良い投球、7回無失点ですから、なんかすごく良かったです。
まぁ、今回は同じ背番号34を背負う左腕ですが対照的な結果になりましたね。

マリーンズの話としてはデスパイネの復帰即4番スタメン。
中村もスタメンでヒットを打ってプロ生活を順調にスタートしています。

木村の後を継いだ香月は3回被安打3イケイケのファイターズ打線を無失点に抑えました。
金森は古巣の中谷ホームランを献上しますが、まぁ、そこはどうでもいいのかな?
それ以上に金森にはイニングイーターとして頑張ってもらわないといけません、
いつでもどこでも金森だ寄りでパンクしないか心配です。
なので今日は黒沢くんがよかったのではないかなとも?

最後に、中島聡が9回にマスクを被りました。
とりあえず46歳・・・頑張ってほしいよね。

今日の結果2-8●
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

石川好投、クルーズが2試合続けて粉砕

石川が7回被安打3、1失点。
ビジターが苦手だった石川が首位のファイターズの前に立ちはだかりました。

打つ方ではクルーズが友人メンドーサを打ち崩し勝利に導く活躍。
でも、走塁で転んだり足がつったりちょっと不安になりますね。

不安といえば、荻野の守備。
打球に集中しすぎてしまうのか守備範囲を超えて他の外野手と接触しています。
今日も守備で失敗をした後にそれを取り返そうと躍起になってしまったような場面がありました。

もう少し視野が広がれば、状況を俯瞰できればいいのにね。

今日の結果1-6○

さて、明日の先発は木村君です。
不安視する声も多いですが、わたくし的には超楽観。

1勝すると結構簡単に勝てそうな気がします。
が、5回3失点は覚悟ですけどね、吉川から3点以上取ればいいだけの話です。
早めに打線爆発で後は投手陣フル回転で勝ちに行きたいですね。
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

台湾、韓国、日本アジアシリーズ

いや~~ドタバタしたね、台湾シリーズと銘打たれた試合は先発、郭(台湾)の乱調でスタート。

2アウトからヒット2本と四球で満塁にすると、クルーズに押し出し四球で1失点。畳みかけたいマリーンズも大地の三振で初回は1点どまり。
しかし、2回に吉田のヒットと清田のタイムリーで得点するとそのかい3得点で4-0とほぼ試合を決めました。

マリーンズ先発イデウン(韓国)は持ち前のパワーピッチングでライオンズ打線を押しまくり3回に1失点も許容範囲というところでした。

問題は5回です。
マリーンズはクリーンアップからの攻撃でランナーを出すと、吉田のタイムリーでさらに2点追加し6-1としました。

このまま試合は進むかと思われたその裏、2死1塁で勝利を意識したのか、イはコントロールを失いパスボールで失点し、さらには甘い球を打たれ、そしてさらに慎重になっては四球を繰り返すハチャメチャなピッチングで3失点してしまいました。

6-4となったところからゲームは乱打戦へ、両チームの中継ぎがどうも安定しませんね。

それでもライオンズが1点追加する間にマリーンズは3点を追加でき逃げ切ることができました。

8回の角中、中村のタイムリーで荒れた試合に終止符を打つ打つことができました。

最終スコアは9-5○
4回までの展開ではとても想像できない結果になりましたね。

ヒーローインタビューは4打数2安打3打点の吉田。
田村との併用で少し後れをとってる感はありますが勝負はまだまだこれからです。

今日の写真です。

P4128765.jpg

  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)
次のページ