スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2017年5月13日ファイターズ戦

雨だよ雨。昨日の大量失点の涙雨だよ。
でもドームは雨関係ないのね。

さて試合ですが、打つべき人が打ったファイターズ。
打つとは思わなかった人が打ったマリーンズ。

結局打つべき人は高い確率で打つので、打ち負けてしまいました。

結果ですか?11-6ですよ~~~ん

ファイターズの打つべき人とは、近藤、中田、レアード、そして代打の矢野。

マリーンズのまさかはダフィーの2本塁打と柴田の本塁打。
まさかこの本塁打で追いつくとは・・・

しかし、ここにきて投手陣が不安です。
まず二木。
彼の信条でありストロングポイントであったストライクゾーンへ投げ込む勇気に陰りが見えています。
3回で4四球は二木の持ち味とは程遠いもの、連敗のプレッシャーからかもしれませんが、実質2年目の投手がそれを背負うべきではありません。自分のピッチングをして結果が良ければそれでよしと考えてほしいです。
また速球がボールになる確率が高いように思えます。球速が増したのは良いのですが、まだ身についていないのかもしれませんね。

そして、有吉に疲れが見えています。球速は出ているようですが、球の走りスピンの掛かりが落ちているような気がします。
もともと、腕の撓りが少ないから体の開きが早くなって球が見やすくなっているのかもしれませんね。

それでも、打線が上向いてきています、もうちょっと噛み合って来れば・・・
そんなふうに思います。

明日の唐川君から逆襲が始まる事に期待しましょう。
P5139172.jpg
P5139351.jpg


その他の写真
スポンサーサイト
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2017年5月7日ホークス戦

う~~~~ん。

今日は1番セカンドに入った明石と2番ショートの今宮の鉄壁内野陣にやられてしまった。

唐川は制球が悪いなりにも、しっかり腕を振ることができていた。
懐が広く、肘も前に出過ぎないフォームで投げることができていたと思います。

打線は相変わらずの散発、しかし、細谷も内野安打や若手の香月のツーベースや平沢のスリーベース。
長打力が欠けていると言われる中で清田のホームラン。
ベテラン福浦さんは華麗なタイムリーヒット。
ある意味サイクルヒットとタイムリーですよ。

昨日の猪本に続いて柴田が出場。
ヒットは出でませんでしたが、守備に代走に使われていきそうです。

問題は投手陣。
今日は藤岡さんがボロボロ・・・
そして、益田も速球が走らず、藤岡の出したランナーを還してしまった。

益田にもこだわりがあるでしょうが、二軍でロングリリーフや先発で試してみたもいいかもしれませんね。

これでホークス戦1勝ー7敗。

明後日からの仙台で首位イーグルスをいじめて、ゲーム差をちじめましょう。
P5078538.jpg
P5078981.jpg

その他の写真です。
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2017年5月6日ホークス戦

今日のマリンは強い日差しと強い風。
投手には厳しい天候だったと思います。
さて、先発は摂津と二木。
二木は自慢のコントロールを発揮できずボール先行のピッチング。
5回を1失点ですが日本式QSにはちょっと届きません。
今年の二木は球速と引き換えにコントロールがアバウトになっているかもしれません。

ホークスの先発は摂津、今年も調子が上がらず苦労をしています。
それでも摂津は8回を4失点で投げ切ります。
ホークス打線の破壊力なら、摂津を援護できると考えたのでしょうね。

そのホークス、1番セカンドに川崎を入れてきました。

一方打線で負けているマリーンズはスタメンに猪本を入れて活性化を図ります。

試合ですが2回、井口の2塁打を清田がバントで送るとホークスが野選で無死3-1塁、猪本にヒーローになるチャンスが巡ってきましたが、あたりの悪い捕手ゴロ。しかしこれが1塁ランナーを進め、1死3-2塁とチャンスが続きます。
そして、クレバーな田村がセンター前、2点タイムリーヒットでマリーンズが先制します。

次にマリーンズが得点したのは4回裏。
先頭の猪本がレフトへ2塁打を放つと、田村のバントで猪本が3塁に進むと、中村四球のあと荻野がスクイズを決めて1点追加。
昨日2点で勝てませんでしたから、大きな3点目です。

一方ホークスは5回表ツーアウトから内川のソロホームランで1点を返します。
二木は100球近くになっていましたから限界でしたね。
それでもデスパイネをしっかり打ち取り、勝利投手の権利を得て降板しました。

2点差になったマリーンズですが、その裏、大地がソロホームランで4-1とし、また三点差。

今日はこの三点差を酒居、有吉、大谷、内の継投で逃げ切ることができました。
打つ方は前述のとおりで、投打ともに噛み合った良い試合でした。

これでホークス戦1勝ー6敗。
明日のホークス先発は寺原です。まだ今年先発3戦目で投げて見合いとわからない投手です。

一方の唐川君はここ2試合、吉田とのバッテリーで好投しています。

明日は投手の出来次第のところはありますが、何とか勝って借金を減らしてほしいです。P5067889.jpg
P5067896.jpg
始球式は児島さん

その他の写真です。
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2017年5月5日ホークス戦

指の隙間から零れ落ちた勝利。

9回表デスパイネ、上林の2本の本塁打で決着した試合。

涌井がインコースを攻め、明日以降の試合でホークス打者が踏み込んでこれなくするためにおぜん立てをしてくれたのだが・・・

9回、リリーフ益田がまさかの3失点。
内川を歩かせたときに誰か声をかけられなかったのか?
内川の代走の川島が2塁に行ったとしても、ヒットで1失点ならOKだったのだが、今日はデスパにヒットが出ていなかったから勝負に出たのだが、残念な結果になった。
その後の中村もヒットが出てなかったし、益田も気っちりアウトを取っていた。

そして、一番悔やまれるのは上林の逆転ホームラン。
ストッパーは同点までなら最悪OKとコバマサさんは言っていた。
上林のホームランこそは絶対防がねばなら中たのだが。

札幌での大田のサヨナラ打もあり、チーム全体が勝ちに焦ったかも知れない。

さて、試合前に選手の入れ替えがあった。
井上と大嶺が外れ猪本と柴田が昇格した。

さぁ、トライアウトからの崖っぷち組、レギュラーのチャンス、そしてグラウンドに金が落ちてるぞ、拾いまくれ!!
P5057348.jpg
※ボテボテサードゴロがオンラインで止まるあるある

P5057289.jpg
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2017年5月4日ファイターズ戦

まず、試合前に練習見学に招いていただいた後援会顧問に感謝、そして急な対応に真摯に親切に対応していただいた札幌ドームのスタッフに感謝。
でもね、試合は譲らないよ!!
先発は佐々木、前回ファイターズ戦は守備に足をすくわれと好投むなしく敗戦。
2度目のファイターズ戦も抑えられるか、ルーキーの力が試されることになります。
佐々木は西川にヒットを打たれ、中田を歩かせてしまうとレアードに3ランホームランを打たれて3失点。
佐々木は球が高く、球速が出ていない。
フォームで懐の腕を振るスペースを作れなかったか?初の地方球場でマウンドがしっくりこなかったか?
しかしその後、6回まで0行進としり上がりに調子を上げていきます。
試合中の調整力はあるってことでしょうね。
佐々木は7回、100球を超えるあたりでファイターズ打線に捕まり3失点。
ビハインドもあり、ちょっと引っ張りすぎたかな?という感じ。
マリーンズ打線は加藤の前に無得点が続きます。
8回に先頭田村が四球を選ぶと中村のサードゴロがレアードのエラー(握り直し・・・寿司だけに?(ちょっと拝借))となり、無死2、1塁。
荻野のヒットで満塁とすると清田と大地が押し出し、さらに香月の内野安打で2点を返し、この回4点を返しました。
しかし、反撃もここまで、6-4で敗戦。
札幌で3連敗、ライオンズ戦を入れると4連敗となってしまいました。
加藤を落として中村を上げたりしているのですが結果が出ませんね。
特に井上は自分のポイントに球が来るのを待つことができないようで全ての球に手を出し空振りをしていました。
ようやく細谷、大地で打線の核が出来つつあります、その後ろを打つ打者が決まると打線もよくなってくるでしょうね。

P5046033.jpg
  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。