2015年3月22日巨人オープン戦

今日はここからー

オープン戦最終戦はジャイアンツと。
先発は杉内と唐川。
初回から杉内が悪すぎ、四死球で勝手に自滅し3失点。井口さんは初回に死球を受け、根元に交代です、根元のファーストは夢がありませんね。

一方の唐川は速球は135km/hと速さはありませんがアウトローを丁寧に投げる投球。
初回こそ、ドタバタはしましたが調子は尻上りに良くなっていました。
4回終了時で60球なので、どうにもならなかった昨年よりは良さそうです。

そして、イケメンコリアンエキスプレスのイデウン。
こちらは速球がいいように荒れ、それでいて決めるところはビシッときめるピッチング。
四球が怖いというかもしれませんが球威があるので大丈夫、こちらも安定の先発候補になりそうです。

打線ですが、ジャイアンツ投手陣を長短打で攻略。

ホームランはありませんがお得意の繋がったら止まらないができるかも知れません。

そしてキーになるのが田村の打撃。
下位で3安打猛打賞の活躍です。

開幕は涌井-田村なのかな?

それにしても、外野スタンド、巨人ファン少なかったなぁ・・・

今日の写真です。

DSC_0855.jpg


  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2015年3月22日は神宮球場でオープン戦だよ

神宮球場、日が陰ると結構寒かったね。

先発チェン、いいんじゃないでしょうか?
スタンドから見ている限り、ストライク先行だし球に力もありそう、
ゴロで打ち取ってますからバッターの手元で動いてるのかな?

打線はいつものごとく中距離打者がつなぐ野球と足を使ったりバントをしたりで1点を取りに行く野球。
その成果として相手エラーを招いて点を取ることも出来ました。

しかし、しかし、ミレッジの一発攻勢ってのは強力でマリーンズが得点してもすぐさま3回の同点弾、5回の逆転弾を打たれてしまいました。
まぁ、交流戦なら敬遠ってことも出来るからそれはそれとしましょう。

気になったのはカルロス・ロサ。
見事にスワローズ打線に捕まってしまいました。

この時期寒いから本調子じゃないってことにしておきましょう。
このままだと外国人枠でもれちゃいますよ~~~

今日の写真です。

P3216414.jpg

大嶺翔太の髪型はどこに行く??
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2015年3月15日ジャイアンツ・オープン戦

試合開始時間には曇り空も徐々に晴れ間が広がり最後は暖かいそんな野球日和。

試合は巨人の2軍相手にマリーンズの開幕候補メンバーが格の違いを見せつけ6-0の完封勝利。

チェンは前回登板とは違いよかったですね。
2番手植松は1四球がありましたが無安打、無失点投球。1軍に生き残りをかけています。
3番手益田は一時期の行方不明から久しぶりの登板。
今日はシーズンに向けて新球など(シンカーやツーシーム)を試していました。
オープン戦を有効に使ってますね。

締めくくりは西野。
ロサ、松永を含めると8回9回は盤石といった感じです。

それでは今日の写真です。

P3156199.jpg

  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2015年3月14日タイガース・オープン戦

タイガーズ相手のオープン戦、やっぱりお客さんは入りますね。

試合ですが、先発唐川君、タイガースの岩田と共にヒットを打たれ自責点2でしたが、唐川君の方が良くない感じ。
今年は大丈夫だよね??

試合では荻野が絶好調。
打って走って守って・・・本当に怪我がなければリーグを代表する選手に名乗りを上げられそうです。
また、外野の一角を担う清田はヒットこそ出ませんが強い当りはしています。ヒットは運もありますから大丈夫かなと。

少し気になるのが打ち損じてる感が見られる今江さん。
前半はデスパイネが居ませんから頑張ってもらわないとね。

2番手に黒沢くんはタイガーズのクリーンアップを3人で斬って取ります。
将来的には先発でしょうが、中継ぎで実績を作るのもいいかもしれません。

ただ気になる大地の怪我。
途中守備に入った中村と二遊間の打球を追いかけた際に激突して 左膝(打撲)を負傷したようです。
大地の怪我で2、23、37、50、59の内野争いがし烈になりそうです。

一方、正捕手争いは田村なのかな?と思わせるほど田村の打撃が良いと感じてます。
そして一番気になるのは今日登場しなかった大松。
今年こそ頼むぞ・・・・復活だ!!

今日の写真です。

P3145862.jpg
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

空高く・・・でも強風のQVCマリンです。

わーい!!マリンスタジアムが晴れたよ!!
でもね、すんごく風が強くて寒いの。

風速8mだけど寒かったね~~~
さて、まずは選手登録され69番になった肘井君。
アップで人一倍声を出していました。試合の出場機会はありませんでしたが期待したいですね。

ルーキーではスタメンの中村、2番手で登板した田中、代走で寺嶋が出場しました。

試合はドラゴンズ先発八木から2得点しますが、それはドラゴンズのエラーによるもの。
ファイターズ時代同様、やっぱり八木は苦手です。

マリーンズの先発涌井はストレートはMAX140前半と今年も出遅れかと思わせますが、打たせて取るピッチングで1巡はパーフェクトで抑えます。
2巡目で捕まりますが、昨年に比べ球数も少なく、28歳というには爺くさい投球ですが開幕には問題はなさそうです。

ドラ2の田中はマリン風にやられたのでしょうか?
下位打線は抑えられましたが中軸に捕まって失点してしまいました。
自身のコメントにもありますが、次の課題に風対策が加わりました。
ただし、先輩木村もストライクが入らなかったのでマリンの風は一筋縄ではいかないようです。

打線に目を向けると、中村が2安打1犠打、1打点。
下位の田村が2安打しているため、中村にチャンスが巡ってきていました。
若い選手の勢いがいいですね。
中村はセカンドとサードに守備に付きますが守備も無難にこなしていました。
三木、大嶺弟との開幕一軍争いもまだまだ続きそうです。

一方元気がないのは中堅どころ。
清田、根元はノーヒット。
大松さんに至っては満塁サヨナラの大チャンスで低めの球に手をだし続けて三振。
バットを振ることが出来るだけ良いのかもしれませんがもう少し何とか・・・ねぇ。

さて試合ですが、5-3で2点ビハインドで迎えた9回。
強風でコントロールが付かないドラゴンズ投手陣が四球を出しまくり満塁とすると、福浦の強風ポテンヒット。大松三振も、中村のタイムリー、そして決着はクルーズの打席のワイルドピッチと締まらないもの。(私はワイルドピッチ予想してましたけど)

両チーム風に翻弄された試合でしたね。

今日の写真です。

P3115210.jpg
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)
次のページ