2014年茂原後援会選手激励会

この時期恒例、地元後援会主催の選手激励会に行ってきました。
今年の参加選手は伊藤投手、松永投手、黒沢投手、肘井捕手の4名

18:00スタートの会もあっという間の2時間半。
各選手がテーブルに訪れ話をしたり写真を撮ったりと触れ合う機会や選手のユニフォームなどのオークションなど楽しい時間となりました。

最高落札額は松永のグローブ7万2千円(だったかな?)。
プロ仕様のグローブですから野球ファンならお安いものかもしれません。

今回の声出し担当は肘井選手。
締めは掛け声は「エイエイオーからのオーオーエーイ」でした。
(エイエイオーをやった後に逆の掛け声とアクションをする。)

録画失敗が残念です。

今日の写真です。
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

人の褌で相撲を取るぜ!!

ちょっと面白いので紹介。

成功といわれる外国人選手の成績はすさまじいね。

http://full-count.jp/2014/12/09/post6769/

リンクを見た後にデスパイネの成績に注目してほしい。
試合数が少ないが長打力はズバ抜けている。
来季、試合数が増えたときにどうなるのか気になるところである。
  1. マリーンズ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

H-2A打ち上げ成功

仕事の時間でしたがH-2Aの打ち上げをネットでライブ中継していたので、小窓を開けて見てました。

打ち上げ、いいですねぇ。

単純な化学反応を利用している推進機関ですが、そのテクノロジーたるや・・・今日はここは省略。
昼をなお明るくするロケットエンジン、打ち上げ1分半でもう高度50km、3分過ぎにはもう宇宙です。

ライブ中継では高度とと対地速度が表示されていましたが、ちょっと見たときのその速度は時速17,000km/h、そしてどんどん加速していきます。
ざっくりいうとマッハ17ぐらい、旅客機の20倍、戦闘機の最高速度の8倍ぐらい速いです。

それでも宇宙のスケールからするととてつもなく遅いのですがね。
なので、はやぶさ2や太陽系の惑星探査をする衛生は地球や他の惑星の重力を使って再加速(スイングバイ)するのです。

さて、打ち上げに成功したH-2Aロケットの目的は、はやぶさ2を小惑星に運ぶため、地球の重力を脱すること。
今回はH-2Aは無事仕事を完了して宇宙のゴミとなりました。

次は、ははやぶさ2が長い旅に出ていきます。
サンプルリターンがうまくいき地球に戻ってくるのが6年後、サンプルの検証にまた時間がかかります。
それまでは生きていないとね。
  1. 日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

Xリーグ・ファイナルステージ 準決勝

社会人日本一、アメリカンフットボール日本一を決めるためのトーナメント。
大事な試合でしたが、残念ながらシーガルズはフロンティアーズに敗退してしまいました。
今年のフロンティアーズは強いです、攻撃的です、ただでは倒れません。
前に前に・・・
そして3rdDownで残りのヤードがあっても、粘りのオフェンスで1stDownに繋げます。
逆にいうと、シーガルズが3rdDownからのフロンティアーズの攻撃を読み切れなかった、ディフェンスが翻弄されたといえるかもしれません。
4thクオーターにシーガルズがキックリターンタッチダウンを奪い追い上げを見せ流れをつかみかけたのだが・・・
今年5連覇を掲げて始まったシーガルズのシーズンはこれで終了。
そして、私の持っている3試合分のチケット引換券も紙くずに・・・
何よりもファンも選手もコーチ陣も、年末年始の試合予定が無くなり、どうしたものかと困惑した様子。
そこかしこでそんな会話をしていましたね。
絶対王者の敗戦・・・マリーンズとかを応援してると追う立場で応援しています。今回初めて追われる立場の難しさを知りました。
シーガルズのコーチ・選手・ファンの皆さん、お疲れ様でした。
また来年・・・(まさかここでシーズンが終わるとは)
年末年始、フットボールファンとして東京ドームに行きますかねぇ。

PB300851.jpg

今日の写真です。

今回もSTYLUS1で撮ってます。
絞りとシャッタースピードを操れればもっと綺麗にとれそうな予感!!
  1. フットボール
  2. TB(0)
  3. CM(0)

じゅうだいなことをしてきました

イシケン要塞の再移転がきまりました。

実はここひと月、契約やらなんやらでドタバタしましたがとりあえず今日で契約は完了。
後は年内の移転に向けてまた忙しくなります。

新要塞、猫を換えないという難点がありますが、まぁ、それはそれとしましょう。

というわけで、今日はここまで。

晩飯は、昨日に続き、まぐろやで中トロ炙り丼

美味い
  1. 日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)
次のページ